女の人

併用住宅を建てよう|店舗と住宅を一体化できます

専用住宅の対語としては

インテリア

専用住宅の対語として併用住宅があります。これは住居部分と業務部分が併存し、しかもはっきりとした境界では区切られていない場合のものをいうとされています。業務部分は店舗に使ったり事務所や開業医のような診察室を設ける場合、あるいは倉庫や賃貸に供する場合とかがあります。1階部分に店舗を設けて奥の部分に住居部分があったり、階を分けて1階を店舗とか作業場にし、2階を住居部分にするという場合もあります。最近は賃貸目的でこれを建てるのが人気となっています。RC造であればプライバシーの問題も解決しますし、人気の街に建てれば入居者も確保できますし、ローンの返済金では家賃収入が入ってくる分負担が軽減されます。そういうこともあってか生活も融通が利くようになるので人気のようです。

家族のうちの子供が独立した部屋を持ちたいという場合には、この併用住宅の賃貸部分に入れるという融通性は持ってはいます。併用住宅で住宅の一部を賃貸に供する場合には住人が騒音で悩まないように構造を堅固なRC造にするとか防音対策を立てることは重要です。これは入居に関しては空室率にも影響が出て来ますので重要です。ローンを組んで家賃収入から返済に回している場合には経済状況の変化とか、人口減少とか、本人の例えば転職することによる毎月の収入の変化の影響も受けます。まして会社を辞めてこれに専念するとしても空室率が多いと生活に即響いて来ます。併用住宅の一部を賃貸として供するにはそれなりに賃貸経営のノウハウを身に付けている必要があり、素人では難しい場合は専門の会社に依頼することも出来ます。

目的別の家づくり

室内

併用住宅を新築するときには、アパート経営や店舗経営やクリニック経営のように、目的別にプランを構築するべきです。収益を最大化することが賃貸経営の基本であり、仕事のしやすい併用住宅を建築するのが理想的です。

この記事を読む

店舗付き住宅の物件の特徴

家

店舗付き住宅は1階部分が店舗になっており、店舗で商売をしながら家族と一緒に暮らすことができます。併用住宅には事務所付住宅や診療所付住宅などがあり、会社経営者や医師の間で人気を集めています。併用住宅を建築するには、併用住宅の建築が得意な工務店が最適です。

この記事を読む

自宅を収益物件にする

一軒家

併用住宅は住宅部分とそれ以外の用途を持った部分が併設されている住宅のことで、賃貸併用、店舗併用などが有名です。家賃やテナント料を得ることで家計を安定させ、ローンの返済も楽になるというメリットがあります。

この記事を読む