家

併用住宅を建てよう|店舗と住宅を一体化できます

自宅を収益物件にする

一軒家

マイホームは資金確保が鍵

一戸建てマイホームを実現することは、多くの人にとって人生における大きな目標の1つです。しかし言うまでもないことですが、その目標を実現するには購入資金を調達しなくてはなりません。通常、マイホームを購入するには20年、30年といった長期のローンを組む必要があります。となれば当然、その返済期間中は安定した収入が確保されていることが前提となります。このような場合、給与以外にも何らかの形で定期的な収入が得られる工夫をしておくことは家計を安定させるために非常に役立ちます。実は、マイホームの実現と給与外収入の確保という2つのハードルを同時にクリアできる手段があります。それが併用住宅です。近年では多くのハウスメーカーがこれを取り扱っています。

家賃収入を家計の足しに

併用住宅とは住居部分と住居以外の目的に使用される部分とが同じ建物内に一緒に設置された住宅のことをいいます。最もポピュラーなのは賃貸併用住宅と店舗併用住宅の2種類です。前者はたとえば1階を自宅、2階以上をアパートとして賃貸しているような住宅で、後者は1階を店舗、2階以上を自宅として使用しているような住宅です。いずれもマイホームとして日々生活しながら、同じ建物を家賃やテナント料を得るための手段としても利用できる仕組みになっています。もちろん入居者がなければ収入は得られませんから、立地条件等には注意が必要となります。しかし離職等で経済環境に変化が生じても継続的な収入を確保することができ、ローンの返済に支障が生じないようにするためには非常に有効なアイデアであると言うことが言えます。