家

併用住宅を建てよう|店舗と住宅を一体化できます

目的別の家づくり

室内

プランの賢い選び方

職住接近を目指したり土地活用を考えるときには、目的に合わせて併用住宅の建築プランを選ぶのがポイントです。収益を重視する場合には、自宅の建て替え時に賃貸併用住宅を建築するのが理想的です。賃貸アパートとの併用を考えるときには、入居者の動向を予測したうえで、建築プランを構築するべきでしょう。店舗併用住宅の建築では、コンパクトな敷地を生かしながら店舗と住まいを確保するのが基本です。クリニックとの併用を考える場合には、待合室や診察室のスペースを十分に確保するのが鉄則です。また業種に合わせて最適な建築プランを提案してもらえるように、時間をかけて施工業者を選ぶのが良い方法です。規模の大きな住宅展示場であれば、併用住宅のモデルハウスを見学することも可能です。

理想的な建築プラン

アパート経営に最適な建築プランは、駐車場や駐輪場のスペースが充実している点が特徴的です。移動の利便性を重視する入居者が多いので、必要な設備を充実させることが、賃貸経営成功の必須条件です。開業医向けの併用住宅のプランの構築では、診療科別に間取りを決めるのが賢い方法です。検査機器や治療機器を効率的に配置することが、開業医向けのプランの構築では最も重要です。弁護士や税理士が事務所との併用を考えるときには、静かな環境で働けるような工夫も必要です。商業地で飲食店経営者向けの住宅を建築する場合のポイントは、地下室もフルに活かすことです。食材などの保管に使えるスペースを確保することで、店舗経営も効率的に行えるでしょう。