家

併用住宅を建てよう|店舗と住宅を一体化できます

店舗付き住宅の物件の特徴

家

店舗付き住宅は1階部分が店舗で、2階や3階が住宅になっている併用住宅です。店舗付き住宅は、店舗で商売をしながら家族と一緒に暮らすことができますので、商売人の間で人気が高い物件です。店舗付き住宅を借りることによって、店舗と住宅を別々に借りる必要がなくなりますので、トータルの家賃を低く抑えることができます。店舗と住宅が一体化されているため、家族と生活をしながら商売をすることが可能になります。併用住宅には、事務所付住宅や診療所付住宅などもあります。事務所付住宅は1階部分が事務所になっており、診療所付住宅は1階が診療所になっています。どちらの併用住宅も仕事をしながら家族と暮らせるため、会社経営者や医師の間で人気が高いです。

店舗付き住宅を借りる時には、営業可能な業種が決まっていますので、事前に確認してから借りることが大切になります。一部の業種については借りることができないので注意が必要です。店舗付き住宅を建てる際には、併用住宅の建築が得意な業者に建築を依頼することが必要です。併用住宅と一般的な戸建住宅では建築工法に違いがあるため、併用住宅の建築が得意な工務店に依頼するのが最適です。店舗併用住宅を建築して、1階でカフェなどの飲食店を開きたい人は、立地条件をよく確認してから飲食店をオープンさせることが大切です。立地条件が悪いと十分な集客を見込めず、短期間で閉店を余儀なくされる場合があるので、市場調査を行ったうえで判断するようにします。